パニック障害から森田療法へ

パニック障害で森田療法に出会い元気になりました。福山女性懇談会やってます

体調

体調が悪いのはいつものことですが

先日は朝起きた途端眩暈がして、弁当作るのもやっと、どうしようどうしようと不安になりながら

?と思ってYouTubeでめまいの対処法というのを探しました。

これが素晴らしくよかった。

ラクラめまいの原因は

脳の血流不足。肩こり、自律神経の乱れなど

ふむふむ、

まず、水を飲む。首肩の体操、耳をマッサージ

見事に治りました。

めまいがない時に体操してくださいね、と言われてましたが、めまいがしてない時は忘れてるから。

でも毎日のルーティンに組み入れたいなと思いました。

メンテナンスの必要なお年頃ですから。

傷ついた自分を認める

最近、セクハラが原因で強迫行為が始まって苦しんでいるという方の話を聞きました。

本当に辛い経験をされて、なおその上強迫行為で苦しむ

私は自分が強迫行為の経験がないのですが

そのお話の後、考えていて気がついたことがありました。

それは、強迫行為に至るほど心が傷ついているということです。それなのにご本人はまだ自分を責めています。こんな強迫行為はやめなくてはならない、早く立ち直らなければならない、傷つく自分が弱すぎる。

私は言って差し上げたかった

あんな辛い体験をしたのだもの、強迫行為をするようになって当然です。

 傷ついたあなたが悪いのではない。傷つきやすいことは悪いことではない。

どうか、あなたがこれほどまでに深く傷ついていること、そしてその傷が癒えてないことを認めてあげてください。

そして、自分で自分をよしよししてあげてくださいと。

そして、私自身のことも思い出しました。

私がパニックになったのも、自分が傷付けられたからでした。でも、それをはっきり認識できなかった。自分がこんなことで傷つくはずがないと思っていました。それなのに体がいうことをきかない。

今改て、私はあの時深く傷ついていたんだなあと思い至りました。

 

 

人によって

人によって気になる部分は色々

同じ神経症でも症状は千差万別です。

わたしが1番気になるのは頭のクラクラです。

お腹が痛かったり眠れなかったりはあまり気にならない。

でも、眠れないことが気になる人は一日中眠れないことを気にしてるし

お腹が痛いのが気になる人は絶えずお腹が痛くならないかと心配しています。

なので、これは仕方のないことです。

心配しながら気にしながら生きていくのです。

というわけで、今日もオンライン英会話の途中であたまクラクラしたり、絵の教室でクラクラしたり でも、英会話も教室もちゃんとできてます。

8月です

毎日暑いですね

盆も終わりました

今年は、行動制限のないお盆なので

子供たちはみんな帰ってくる気満々だったのに

直前に次男一家が次々にコロナに罹り

帰ってこれなくなり、心配な盆になりました。

夫の会社でもクラスターが発生、いろいろな手続きやらなんやらで、夫の盆休みも無くなりました。

 また明日から日常生活が始まりますね。

普通の生活がいいです。

次男一家が後遺症なく治りますように

それだけがきがかりです。

7月になりました

6月初めの頃は涼しくて、このまま夏になるのだろうかと思っていたら

そうはいきませんでした

後半に突然の猛暑、暑いですねがあいさつの日々がやってきました。

 自助グループの方は公民館で開けるようになって

毎月集まっておしゃべりをしています

最近新しい方が2人入られて、不安は取り除こうとしなくていい、ということがやっぱり驚きのようでした。

森田療法の真髄はやっぱり不安を持ちながらあるがままということなんだな

と納得しました。

 6月の集まりは私が不調で欠席して、皆さん集まってくださるだろうか?と心配でしたが4人集まってくださって楽しくおしゃべりされたみたいで

よかったなあと思っています。

 懇談会では、まず安心して話せる場であること

みなさんがお互いに信頼できること

これができれば、神経症もずいぶん楽になるはずです。

7月も楽しい集まりができるといいなと思っています

 

明けましておめでとうございます

新しい年になりました

昨年は自助グループ活動にzoomが多用されるようになって、新しい知り合いも増えてきました、オンライン英会話もボチボチ

 さて、今年はどんな年になるのでしょう

年末には、私の絵の教室の生徒さんが急死されるというとてもショックで悲しい出来事があり、もう絵の教室辞めたいなあ、と思ってたりします。

 なぜならその方は私が絵の教室始めようかなと相談した時、なら私が生徒第一号になってあげると言ってくださった方で、この方がいる限りは絵の教室頑張ろうと思ったのです。

 とりあえず1月は教室休むことにしました。

そんな年明けですが

今年もどうぞよろしくお願いいたします