パニック障害から森田療法へ

パニック障害で森田療法に出会い元気になりました。福山女性懇談会やってます

ご質問に答えて①

車の運転と不眠で悩んでいる方のご質問にお答えしました
 
私ががどうやって克服したか?とのことですが、まだ克服したとはいえないかもしれません。
 元々小さい頃から車にはすぐ酔う子で、でも自分で運転する車には流石に酔わないし、運転も嫌いではありません。だけど、体に気持ちが向いてしまうと、ここで眩暈がするのでは?とか、頭がおかしくなりそう、みたいな気分になってしまって怖くなります。
 だから普通に運転してる時はそれをちょっと忘れてるだけのような気がします。
それと、パニックになっても頭はおかしくならないし、めまいがしたらちょっと休めばいいのだ、と、頭ではわかっています。
 なので、頭の半分はパニックになっていても、頭の半分は冷静、そんな感じで過ごしています。
 それと、不眠ですが、私も更年期の頃には相当眠れず辛い思いをしました。でも不眠が恐怖にはならなかったんですよね。それは、若い頃森田療法の会で不眠について勉強したからです。
 不眠が問題なのは不眠恐怖になることだと思います。
ちょっと前に不眠に悩んでおられる方にスマートウォッチで実際にどのくらい寝てるか記録してみたら?とお勧めしたら、思ったより寝てました、と言われて不眠恐怖が改善したことがありました。
私たちはまあ大袈裟にいえば妄想で苦しんでいるので、事実をしっかりみることが役に立つこともあります。
 

父のこと

私はずっと父が嫌いだった

父は子供達をずっと無視していた

いや、多分子供が怖かったのかもしれない

子供だけではない、人が多分怖かったのだと思う。

自分の子供さえ怖かったというべきかな

そんな風で、父親に話しかけられたことはない。

こちらから話しかけた記憶もない。

私は自信のない子に育った。

特に男性に対して

ずっと父が嫌いだったと書いたが

父が嫌いという意識はずいぶん後になってからのことだ。もっと小さいときにそう意識すればまだ違ったかもしれない。

子供が親を嫌いと思うのはなかなか難しい。

親から見放されたら生きていけない、とまず思うのが子供だ。

そんなわけで大人になり結婚して子供ができてから、段々に父親が嫌いパワーは増して、父が年取って介護が必要になってくると、父に対する苦口も増えていった。

でも私が森田療法を勉強して、嫌いだった自分を受け入れられて、好きになってくるとともに、父のことも許せるようになってきた。

父も精一杯だったんだな、と思えるようになった。

そして、父が亡くなった今

私は父から言葉とか、行動とかで愛を感じることもなかったし、何ももらってないと思っていたけど、父からもらった素質があるんだなと感じるようになった。

それは、自然や科学に対する興味、好奇心、感性、洞察力、創作意欲など。

なので、私は今父に感謝している。

森田療法を勉強して、どうやって自分を受け入れられるようになったのかは、また別の時に(*´꒳`*)

 

ルーティンに救われる

ルーティンは大切よと言う話を伺いました。

小人閑居して不善をなす。と言う言葉がありますね。よく言われたわ。

ルーティンってあれでしょ?

規則正しい生活をしなさいってことでしょ?

と思っていたけど、自律神経失調症の治療はまず規則正しい生活だと聞いてはいたけど

思った以上にそれは大切で、メンタルにいい影響を及ぼすらしい。。

 でもルーティンを作り上げるまでが難しいんじゃないの?とも思う。

子供の頃、夏休みに計画バッチリ作って、全然実行できなかった。

 そんなこんなで、私は夜10時に寝るための計画を作ってみました。

遡って、何時にお風呂に入るか?何時から夕食を食べるか?何時からご飯作りをするか?

これをルーティンにしていきたいと思います。

3週間続けば習慣になるとか.今日で5日目です。

 

人の苦しみはわからない

神経症あるあるですが、

対人恐怖の人は、パニックの苦しさがわからないし、パニックの人は対人恐怖の苦しみがわからない。

 パニックの人は、対人恐怖なんて、人に会わなければ済むでしょ?パニックはいつ襲ってくるかわからないし死の苦しみなんですよ、と言う。

対人恐怖の人は、乗り物に乗れないとかどうしてですか?と言う。

 でも森田療法では、全ての神経症は皆同じ、拘っている部分が違うだけ、と言います。

 神経症の人は自分の苦しみが世の中で1番苦しいと思い込んでるから、人の苦しみには思考が及びません。

 でもよく考えてみれば、人は皆悩んでいます。ある人は病気で悩み、家族のことで悩み、お金のことで悩み。人間は生きている限り何かしらの悩んでいるわけです。

でも、その合間にもわずかに幸せな瞬間があったり、人との温かい交流があったり、するわけです。

 自分のとらわれから少し目を逸らしてみましょう。

 いろんな人とおしゃべりをすることがとても大切です。

 

薬はどうなったか?

毎日飲み続けた薬ですが、今は飲んでません。

やめました。やめてしばらくは不安が続いた気がしますが、もう忘れました。

心療内科の先生の言うように、あれくらいの薬はどう言うこともなかったのでしょうか?

デパス0.25gを日に3.4回です。

どうなのかよくわからないらないけど、今は飲んでいません。

でも、1度、娘を駅まで送って行く時に飲みました。不安で行けそうにないと思ったのだけど、飲むと不安がスッと消えるんですよね。

よく効きます。

でも今は飲んでいません。

薬はやっぱり持っていますね。

 

パニック再発

7月の初めにコロナに感染しました。

高熱が出てしんどい日々を過ごしました,そしてコロナから回復。

8月にはとても元気で張り切っていました。

いろんなことを始めました。まず,近所の人とのウォーキング、ジム通いも頑張りました。それからバレットジャーナルという本に出会い、飛びつきました。

これは,手帳術です、日々の記録,予定、などをわかりやすく便利に管理する方法です。

毎日楽しく,予定を立てて、実行し,びっしり書き込みました。その時、そうそう健康診断にも行かなくちゃと,予定に書き込み,9月中旬を予約しました。

そして,健康診断

腹部エコーで,膵臓がザラザラしてると言われたんです。え?膵臓?ドキッとしました、お医者さんが追加で腫瘍マーカーをしときましょう,と言われました。

結果は2週間後,ということでした。

その日の夕方にひどいクラクラめまいがありました。

それからです,クラクラが頻繁に起こるようになったんです。そして,クラクラして,外を歩けなくなりました,ウォーキングはもちろんできません。

最初に脳外科に行きました。

問題なし,

その次に白内障が進んでるせいかも、と眼科に行きました。眼科では,白内障とクラクラは関係ないと思うので、耳鼻科に行って診てもらって!と言われたので,行きました。

ここも,問題なし,

片方の目が白内障が進んでいるので,手術をすることになりました。

手術をすると,少しは歩けるようになりましたが,まだ,よろよろしてました。左右の目の差でうまく歩けないのです。

そこで,もう片方も手術をして欲しい,と言いましたが,もう片方は視力が充分あるので,手術をする必要がないと言われたのです。

 

でもでも,と食い下がって,手術をしてもらいました。

そして今,左右の目の差は無くなり,まっすぐ歩けるようになったんです,

めでたしめでたし,なんですが,

そうでもないんです,

なぜなら,この3ヶ月の間にパニックが再発したからです。そして、安定剤を飲み続けたからです。

夜中のパニック発作もあったし,何しろ絶え間ない予期不安と、ソワソワ,イライラ,恐怖、

薬を飲んでない日は,朝と夕方が調子が悪い、

迷った末にまた飲んでしまう。

これが薬の影響かもしれないと,今は思えてきました。

薬を飲まずに症状に耐えることがリハビリではないのか?と考えてみました。

リハビリって痛くて大変ですよね,でも頑張れば早く良くなる。

そうそう、膵臓は問題なしでした。

 

電車に乗った話

 私のパニックの最初が乗り物恐怖だったので,というか,元々乗り物は苦手なんですが

最近は毎日のようにマイカーに乗る以外は乗り物に乗ることがありません。

 なので,久しぶりに新幹線に乗ったり,高速を走ったりすると,不安が蘇ったりします。もちろん,それで新幹線に乗ることを避けたり,ということはありませんが、

森田療法では必要に応じて行動をする,つまり必要もないのに高速に乗ることもないし、飛行機に乗ることもないし、それでいいと思ってはいるんですが,いざ飛行機に乗るとなると、やはり相当なストレスです。

 最近認知行動療法の本を読んで、苦手なことに立ち向かっていく,暴露療法というのを知りました。認知行動療法はなんとなく知ってはいましたが,森田では症状を問題にしないので,症状をターゲットにする認知行動療法は違うのではないか,と思っていたんですよね。

 でも、暴露療法は森田で言う恐怖突入と同じような感じだし,何しろ,安全行動をしない,つまりお守りを持たない、気を逸らすようなこともしない,とかなり厳しい。森田より厳しいんじゃないか?

問題は症状を相手にしているとかえって症状にこだわって、失敗した時のショックが大きいのではないか,ということなんですが,そこは森田を応用して,症状が出たことが失敗ではない。

ということでやっていけばいいのではないか?

と、色々考えて,

久しぶりに電車に乗りました。

ローカル線、25分ほどの電車旅です。

いつもは車で出かけるところです。

不安も感じず,乗りこみました。

3駅ほど乗ったところで,ざわざわしてきました。おお,きたか、という感じです。

でも、深呼吸をして、少しすると、落ち着いてきました。その後はなんとかやり過ごして,帰りの電車は何にも感じずに、普通に考え事しながら到着。

これどうなんですかね?何度も乗ってればもうなんともなくなるのか?

それとも,やっぱり体調が悪かったりすると不安になったりするのでしょうか?

何度か乗ってみようと思います。

そして,苦手な映画館にも挑戦したいと思います。